[臨床心理学]元気になっても要注意?双極性障害(躁うつ病)について

元気になっても要注意?双極性障害(躁うつ病)について

ここ数年で日本は心の病気に関する理解が深まりました。

長時間労働やいじめ,災害などによる強いストレスなどにより人は様々な心理的・身体的反応を示します。精神医学の世界では日常生活に支障をきたす状態のことを「病気・障害」として扱います。

今回の記事ではその一つである,双極性障害について解説したいと思います。

【スポンサーリンク】

双極性障害とは

双極性障害-馴染みのある言葉で言えば躁うつ病と呼ばれる病気のことです。

この病気の大きな特徴はうつ状態(気分が落ち込んでしまったり,何に対しても関心がなくなってしまう状態)と躁状態(脳がフル回転しており,有能感や疲労を感じにくくなる,攻撃的になるなどの状態)を繰り返すということにあります。

日本国内の一般成人約1パーセントがこの病気にかかると言われていますが,ある理由によりおそらくこの報告以上の患者数がいると考えられます。(後ほど解説します)

また双極性障害はその躁状態の度合いによりⅠ型(躁状態が非常に強く,妄想などにより生活に強い影響を及ぼす)とⅡ型(うつ症状があるが,強い躁状態はなく軽躁と呼ばれる状態にとどまる)に分けられます。

双極性障害のポイント:躁状態とは

ではうつ病と何が違うのか,そしてどんな点がキーポイントかを説明したいと思います。

先ほど挙げたようにうつ状態とは落ち込んでしまったり,無気力になってしまうなど言わば心のエネルギーがなくなってしまい,ガス欠になっている状態を指します。

抑うつと呼ばれるこの症状ですが,対して躁状態とはなんでもできるという有能感や元気いっぱいの状態になり,様々な考えが次々に浮かんだり他者に対して攻撃的になったり,危険であるに関わらず衝動的な行動や浪費行動をとるようになる状態を指します。

うつ状態に比べこの躁状態は短いとされていますが,うつ状態と躁状態を繰り返す症状を双極性障害といいます。

では、前述したようにこの双極性障害はなぜ調査より多くの患者がいると考えられるのでしょうか。

それはこの躁状態にあります。では考えてみてください。

楽しくて楽しくて仕方がない,全く疲れない状態の時に病院に行きますか?

病気ではないかと疑われることに攻撃的になってしまうことすらあるほどに,躁状態の時は万能感で溢れています。

ですから,躁状態が終わりうつ症状で身体や心が重い状態になりようやく「無気力でつらいんです・・・」と相談に行くようになります。

この時すでにうつ状態ですから,病院側も手掛かりがなければうつ病と判断しうつ病に対する治療薬を処方します。

うつ病の薬の中には躁状態を誘発する薬もあることから,投薬治療前に躁状態を経験しているかどうかを判断することが双極性障害を治療するキーポイントになります。

双極性障害の治療について

双極性障害では投薬治療をメインに,補助として心理療法を用います。

うつ病の際に用いられる薬とは違い,気分を安定する薬剤が主に用いられます。

また心理療法では双極性障害についての理解を深める心理教育と呼ばれる療法がとられたり,自身の状態を把握し躁状態であることを自覚することができるようなトレーニングが用いられます。

また双極性障害の大きなポイントの1つとして衝動的に大きな問題を起こしてしまうことが挙げられ,躁からうつの状態に移行する際,「もううつの状態になりたくない」という衝動から自殺衝動が高まり,実際に行動に移す確率も増加すると言われています。

双極性障害1型と診断され,ただちに生命の危険が考えられる場合は症状が落ち着くまで入院治療も検討されることになります。

【スポンサーリンク】

家族や友人が双極性障害だったら?

精神病治療において,周りの人たちのサポートは非常に大きな力となります。

双極性障害において周りの人は「躁状態であることを察知してあげる」こと,そして躁状態であると判断したときは衝動的に大きな買い物や自殺行為などをしないか,注意深く見守ってあげる必要があります。

また躁状態であると判断したときはそれとなく伝え,できるだけ安全かつこれ以上躁状態が悪化しないよう落ち着かせることが何よりの助けになります。

まとめ

日本では昔から根性論という言葉の示す通り,精神病は甘えであると言われてきました。

近年になり精神病の理解は徐々に進んでいますが,まだまだ正しく判断されないことや甘えで片付けられてしまいSOSが受け止められないケースが多々あります。

様々な病気を理解すること,そして助け合うという心を持つことがこれからの日本にとってより大切になってきます。

また精神病の治療には専門の知識が必ず必要になります。自分自身で治癒するケースもありますが,こころの不調を感じたら早め早めの受診を心がけてくださいね。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です