[心理学]ハロー効果とは?-身だしなみで仕事の評価に差が出る?

ハロー効果について

概して、私たちは人を見た目で判断しがちです。身だしなみを整えることの重要性は言うまでもありません。

整った外見の人々はそれだけで仕事をスマートかつスピーディにこなし、好ましい人格を備えていることを期待されます。心理学ではこの現象を「ハロー効果」と呼んでいます。応用できればあなたの魅力をより強調できるだけでなく、欠点も消し去る強力な武器になります。

【スポンサーリンク】

ーハロー効果とは

曖昧なものへの評価がそれと近しい既に確かであるものの評価に引っ張られてしまう私たちの判断傾向のことです。

ちなみにハロー(halo)とはお釈迦様の後光の意味で、狭義ではプラスの効果の場合にのみ使われます。

マイナスのハロー効果のことは悪魔のツノの意味で「ホーン効果」と呼ばれますが、特に日本の大衆向け心理学用語としては「ハロー効果」で全て統一されている傾向があります。

ーどうして?

進化心理学の立場からは、優秀な男は美しい女と優秀で美しい子孫を残すので、結果として見た目が優れていた場合は中身も優れていることが多かったのではないか、という考察がされています。

なんとも残酷な話ではありますが、毎回あらゆる点をチェックするよりも有力なものを数点だけチェックする方がベストではなくともベターではあったのでしょう。

ービジネスへの応用

ハロー効果が使われている例を挙げるとキリがないのですが、代表的な例として広告が挙げられます。たとえばテレビコマーシャルではほとんどの場合、印象の良い芸能人を起用しています。実際にコマーシャルに出演している芸能人がその会社の製品を作ったりサービスを提供しているわけではないことは明らかなのですが、私たちは好みの芸能人が紹介している製品に対して良いイメージを抱きがちですよね。

ハロー効果はブランディングの現場でも広く使われています。最近では企業のSNS公式アカウントが親しみやすいキャラクターを演じることで、私たちにその企業そのものが親しみやすいかのような印象を与えています。

また、芸能人の政治家へのスカウトもほとんどの場合、ハロー効果による当選を狙った政党側の作戦です。その人に国を変えることが期待できるほどの知識や熱意がないことは明らかなのですが、私たちはその他のパっとしない、なんだかよくわからないことを熱弁している人よりも見たことのある好印象な人に票を入れてしまいがちです。

似たような例では、既に他の分野で成果を上げている企業が全く別の分野に進出するときも、全くの無名企業が参入する場合と比べてはるかに期待を集めやすいです。これも信頼できる企業のブランドによるハロー効果と呼べます。

【スポンサーリンク】

ー恋愛への応用

みなさんが恋愛へ取り入れる場合、最も効果的なのは見た目を整えることです。現代でも容姿に関しては統計的に明らかなレベルで生涯年収に影響を及ぼすことがわかっています。

自分は中身で勝負しているという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、あまりにも見た目の印象が悪いと、負のハロー効果が働き、あなたの素晴らしい中身が正しく評価されづらくなってしまいます。

千年に一人の美しさを獲得するのは無理であっても、最低限、整えておくに越したことはありません。

さらに何か特技を身につけておくのも良い戦略です。たとえば小学生の頃は走りが早いだけでモテたりします。同じようになんらかの突出した特技を身につけておくことはあなたの魅力を全体的に底上げすることにつながります。

ーまとめ

いかがでしたでしょうか。

当たり前のことですが、ビジネスの場でもプライベートでも身だしなみを整えることは、やはり重要なようです。
美男美女とは行かなくても、清潔な身なりを心がけましょう…!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です