[心理学]ドアインザフェイスとは?-営業に使えるテクニック

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックについて

皆さん、友人から「ごめん、今月お金が足りなくて、3万円貸して!」と言われてどうしようか迷っている時に「じゃあ、5000円でいいから貸して!」と言われると、じゃあしょうがない、と友人にお金を貸した経験など、ありませんか?

これは「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」という心理テクニックで説明できます。

これは日常において非常に利便性の高いもので、あらゆる場面で効果を発揮します。

今回はそんな、「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」について見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

ードア・イン・ザ・フェイス・テクニックとは

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックは、日本語では、「譲歩的要請法」と呼ばれています。

このテクニックを簡単に説明すると、ほぼほぼ受け入れてくれないレベルの条件を提示し、次にハードルの低い条件を提示し、最終的に普通に頼んだら基本的に受け入れてくれない条件を受け入れてもらうという交渉術です。

前文の例がまさにそれで、頼み方によって相手が条件を受け入れてくれる確率がガラッと変わります。

要求のレベルを段々低くしていくことにより、まぁ、これくらいならいいかという心理が働いて、結果、物事を上手く運ぶことが出来ます。

ーどうして?

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックが人間の心理を操れる主な理由として、最初の頼みごとを断ることによって罪悪感が生じること挙げられます。

頼みごとを断っても罪悪感が湧かないような関係性の人であれば、効果はゼロですが…

「最初の条件ならちょっと厳しいけど、このくらいの条件なら呑んであげないと可哀想だな・・・」となり、交渉が成功しやすくなります。

【スポンサーリンク】

ー恋愛での応用例

気になるあの人にデートを誘いたい・・・けど、断られるのが怖くてなかなか言えないーなんて時にこのドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを応用し、デートに誘うことに成功することが出来ます。

具体的なやり方で言うと、まず、取り敢えず旅行の話をします。

次に、相手に「今度一緒に○○に旅行行かない?」と冗談半分で言います。多分断られるので、その次に「じゃあ、○○(そこそこ近くの県)県一緒に行こ?」と言います。

そしたらまた断られると思うので、最後に「じゃあ、近くの○○(ショッピングモールや流行りの飲食店)に○○(相手の名前)と一緒に行きたいんだけど、一緒に行かない?」と言います。

そうしたら経験上、ほとんどがOKしてくれます。

ただし、初対面の人や知り合ってあまり日がたってないない人にこれをしたら気味悪がれるかもしれないので、使うタイミング等は相手の性格を考える必要があります。

ーまとめ

いかがでしたか?日常において人に物事を頼みたい時に、このドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを使うことで、少し難しい要求も通すことができます。

是非マスターして、使ってみましょう!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です