[心理学]ブーメラン効果とは?-子供に勉強させたいなら、強制してはダメ?

ブーメラン効果について

想像してみてください。皆さんが頭の中で考えていたこと、計画を立てていたことを、周りの人に催促されたり、同じことを言われたり、繰り返し要求をされたとき、何故だか今やろうとしていたことやこれから挑戦しようとしていたことへの意欲が急に削がれてしまって、結局やらず終いになってしまったことなんてありませんか?

実はこういった状況になってしまうと、本人にも、周りの人にもあまりいい結果は生まれにくくなってしまうのです。

何故ならば、周りの人は意図して、時には善意でその人にその行動を早く取ってほしいと思っている場合が多く、また本人もその行動を取りたい、あるいは取らなければならないと思っている場合が多いのです。

この言われたことに対して反対の行動を取ってしまう心理現象をブーメラン効果と言います。

皆さんも一度はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

では具体的にこのブーメラン効果とは何なのかを今回は紹介していきます。

【スポンサーリンク】

― “ブーメラン効果”とは

“ブーメラン効果”とは、ある人がある意見や考えを持っているときに、同じ意見や考えを持った他人や団体に対して敢えて反対の意見や考えを持つようになるという社会心理学的現象のことを指します。

基本的には否定的な意味で用いられることが多いです。

― 考えられる理由

1、心理的リアクタンス理論分析 (Psychological Reactance Theory)
個人が自分の意見や考えといった“自由”を他人によって奪われそうになる時、失いそうになる時に心理的な反発が発生して、抵抗するということです。

例)親戚のおじさんが人生の教訓を語っているが、個人的な価値観の押し付けになってしまっている際に、自分の自由意志が剥奪されているように感じ、反抗的な態度をとる。

2、認知的不協和理論分析 (Cognitive Dissonance Theory)
人は自分の中に生まれた矛盾や曖昧さを解消するために、現在行っていることや考えていることとは違う行動や考えをとるようになります。
これを認知的不協和と言います。

例)世間で話題になっているダイエット法を試しても効果が出ずに、疑問、矛盾、苛立ち等を感じた時、そのダイエット法を止め、違うダイエット法を試すといった状況。

【スポンサーリンク】

― 日常生活で見られるブーメラン効果

1、家庭・教育
親が子どもに勉強しなさい、ゲームを止めなさい、塾行きなさい、早く起きなさい/寝なさい、運動しなさい、野菜食べなさいなどと言うと、子どもはプレッシャーやストレスを感じ、あえてその行動を選択しなくなります。

つまり、子どもはこういった注意を既に自分の中でしているため、子どもの選択を完全に強制する言い方をせずに、その選択を取らないために生じる弊害を優しく、分かりやすく付け加えてあげると良いかも知れませんね。

2、恋愛
恋人を想う気持ちは誰にでもありますよね。好きなために必要以上に恋人に愛情を強要してしまうことも少なくはないのではないでしょうか。

例えば彼女が“私のこと一番好きだよね? 浮気しないでね。”などと主張しすぎると、いわゆる“重い人”なんて思われてしまい、恋愛に疲れを感じ、浮気などに発展してしまう可能性も無きにしも非ずではないでしょうか。

あるいは、猛烈にアピールをし過ぎた結果、面倒くさがれてしまい、結局恋人同士になれなかったという場合も耳にしたことはありませんか?

好きならばこそ信頼して、尊重して、適切な距離感を保つのもまた必要なことではないでしょうか?親しき中にも礼儀あり、ですね。

3、ビジネス
“買ってください。 うちと契約してください。”などと声高に言われたら、そんなに必死になって、お客さんのことは気にしていないのか疑問に思って、購入から遠ざかってしまったなんて経験ありませんか?

お客さんは自分たちに必要なもの、欲しいものは分かっているにもかかわらず、しつこいセールスはお客さんのアイデアや自由意志を奪う恐れがあります。

商品を売りたい気持ちは分かりますが、お客さんが思いつかない、考えていなかった日常での利用法をアピールすることで新鮮さや物珍しさ、如いては購買意欲をかき立てる可能性もあるかもしれません。

ー まとめ

私たちの生活の中には、想像以上に窮屈に感じる状況が多く存在していて、そのモヤモヤ、矛盾、葛藤を出来るだけストレスなく回避しようと私たちの脳は私たちを動かすのです。

こういったストレスと上手く立ち回るためにブーメラン効果はあるかもしれませんね。

しかし、社会は持ちつ持たれつです。他者が言ったことの中には何か自分をより良くする成分が含まれていることもあるかもしれませんね。

執筆日2019年7月26日 執筆者Yoshi
7月26日編集・校閲

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です